カーネリア回天記

カーネリア大陸を舞台とした独自のファンタジーシナリオ。

本シナリオでカーネリアシリーズは完結する。

シナリオ名 カーネリア回天記
作者 隙アリ
ジャンル ファンタジー
現バージョン
最終更新 2006年11月21日
動作環境 SE◎ FE○ 旧×
規模 カーネリア大陸
開始年月 710年10月
勢力数 137
都市数 523
指揮官数 1569

世界は回天し世界の終末が訪れると創世記に戻る。

大陸の歴史は常に魔女によって管理され同じ歴史を歩むはずであった・・・・・

戦乱を常に起こす歴史。魔女は血を見るのが好きである。


710年、755年がカーネリアという局地で起こった大戦である。

英雄が多く登場する魔女にとって見物するのに魅力的な時代であった。

各地の戦場をお忍びで見物する魔女。

戦場では火花散り、新兵器の砲声が新たな時代を切り開く産声となっていた時代。

カーネリアの行った大陸全域を巻き込む打算的な祭典は大陸に大きな衝撃を

与えたこと。3大国の密約、辺境勢力の中央に対する不信、思想の対立。

戦乱の火種は燃え始め長き平和は紙くずのように消し飛び混沌の時代が再び訪れる、

と戦争理由を書いていたことを思い出す。


同じ歴史の繰り返しを退屈に見ていた魔女は歴史書を書き換える。

この大陸に混沌を呼び込み在るべきでない歴史を作ろうとしていた。


若き龍の台頭する時代、他大陸からの侵攻を受ける時代、過去の伝説の

英雄の時代をあべこべに訪れさせ英雄の生き様を見る。ただ退屈であるという魔女の

退屈しのぎのために多くの民が死ぬことになる。

統一、平和など魔女のもっとも危惧すべきものであった。


回る世界で何を見つけ、何を成すかは貴方次第

(OPより)

 S: 
 A: 
 B:  
 C: 
 D: 
 E:  
 F:  

  • カーネリア回天記.txt
  • 最終更新: 2020/07/30 23:18
  • by 蛛賢