ヒジュラ ムハンマド戦記

ムハンマドとその信者達がメッカでの布教を諦め、アビシニアやヤスリブなどへと移住したことを指す「ヒジュラ」をモチーフとしたシナリオ。

シナリオ名 ヒジュラ ムハンマド戦記
作者 Pommern
ジャンル 古代(中東)
現バージョン β1.00
最終更新 2006年3月30日
動作環境 SE◎ FE○ 旧×
規模 アラビア半島
開始年月 622年 9月
勢力数 17
城数 17
武将数 38

西暦622年。

アラビア半島紅海側に位置するマッカではイスラームを布教するムハンマドとその信徒に対する迫害がますます激しくなっていた。

ムハンマドは最早マッカでの布教は無理だと考え、ヤスリブへと移住することを決意した。

しかし、ヤスリブ改めマディーナも決してムハンマドにとって安寧の土地ではなかった。

上辺だけ入信する者たちや、頑なにムハンマドを拒絶するユダヤ教徒たち。

また、生活のためにマッカの隊商を襲撃する必要もありマッカの多神教徒たちとの険悪な状況も続いていた。

後世、「ヒジュラ」と呼ばれるこの聖遷こそが以後のイスラームの発展の第一歩であったが、当時その勢力はまだまだ脆弱なものであった。

(OPより)

 S: 
 A: 
 B:  
 C:  
 D:  
 E:  
 F:  

以下、加筆求む

  • ヒジュラ_ムハンマド戦記.txt
  • 最終更新: 2020/08/01 22:59
  • by 蛛賢