蒼き狼1189『草原を駆る狼』

ユーラシア大陸の中世時代を舞台とした史実系シナリオ。1189年4月開始。

2005年12月に行われたシナリオコンテストでは、第一位に輝く。

また、水銀氏により、以下のシナリオがSE版に移植されている。

  • 蒼き狼1206『群狼の宴』
  • 蒼き狼1218『破壊の胎動』
  • 蒼き狼1229『群狼たちの咆哮』
  • 蒼き狼1246『孤狼たちの狩り』
  • 蒼き狼1260『狼の血脈』

シナリオ名 蒼き狼1189『草原を駆る狼』
作者 777
ジャンル 中世(世界史)
現バージョン 0.336
最終更新 2015年2月3日
動作環境 SE◎ FE○ 旧×
規模 ユーラシア大陸
開始年月 1189年4月
勢力数 913
城数 5905
武将数 29672

12世紀後半、戦乱の打ち続くモンゴル高原でテムジンという若者が

ハーンに推戴された。テムジンは宿敵ジャムカとの戦いに勝利して

モンゴル高原に覇権を確立し、チンギス=ハーンを名乗るようになる

のである。

一方、西方ではキリスト教国による聖地奪回運動が激化し、獅子心王

リチャードらの率いる十字軍とイスラムの英雄サラディンが聖地エル

サレムを巡り衝突を繰り返していた。

まさにユーラシア全体が各地の英雄たちによる戦乱の渦に呑み込まれよ

うとしていた。

                      (OPメッセージより引用)

このシナリオでは、武将名の表記に次のようなルールが存在する。

・女性武将には名前の前に星マークが付く。一般的に男性武将の妻には★、娘には☆が付けられる。

(例:★北条政子、☆大姫)

・イスラム系の武将の名前に含まれる“Ad”や“Ud”は、それぞれ「アッディーン」「ウッディーン」の略記。

777の戦国史日記(最新版0.336配布中)

水銀日誌(蒼き狼1206『群狼の宴』~蒼き狼1260『狼の血脈』のSE移植版)

戦国史旧作シナリオ復興委員会

 無理:諸海賊(インド・バルバリア・南シナ海除く) イタリア独立勢力 チベット独立勢力 朝鮮独立勢力等の全宿敵設定勢力 
 S:ティルフット王国 ラージプート諸勢力 南シナ海賊
 A:ガーナ王国 ケット族 
 B:十字軍 義経主従 
 C:高麗 平泉政権 
 D:鎌倉幕府 ポルトガル チョーラ朝 イングランド ビザンツ 西夏 
 E:ムワッヒド クマン族 フランス アイユーブ モンゴル 
 F:金国 南宋 

  • 蒼き狼1189_草原を駆る狼.txt
  • 最終更新: 2020/08/05 22:17
  • by 蛛賢