藍緑記

藍緑記

2007年度の中華民国(台湾)の政情を元にした実在世界架空シナリオ。

シナリオ名 藍緑記
作者 宇喜多
ジャンル 政治
現バージョン 0.13
最終更新 2007年9月30日
動作環境 SE◎ FE○ 旧×
規模 中華民国
開始年月 2007年1月
團体数 20
都市数 59
政治家数 78

---台湾本土に覇を唱えよ!---

中華民国と台湾との関係を一体と見なす泛緑連盟(民進党・台団連など)を代表する形となっていた民進党出身の陳水扁総統の任期も残り一年となった2007年、大陸への想いを語る泛藍連盟(国民党・親民党・新党など)は圧倒的な議席数を背景に攻勢を強めようとしていた。今、台湾を舞台に嵐が巻き起こる。

民進党の総統候補である謝長廷は2008年総裁選挙に向け台南地域での地盤固めを行う為に党幹部と共に高雄に入る。この行動に対し、国民党は総統府への圧力を強め始める。

時を同じくして第3の政党である親民党は恒春半島での勢力拡大に向けて活動し始めていた。

今、台湾政局に何かが・・・

注:恒春半島(台湾本土南部の半島)

                      (OPメッセージより引用)

戦国史同盟 第二回コンテスト参加作品(ver.0.01)

参考元:wikipedia各項目

 S:  
 A: 
 B:  
 C:  
 D:  
 E:  
 F:  

以下、加筆求む

  • 藍緑記.txt
  • 最終更新: 2020/08/05 22:18
  • by 蛛賢